お知らせ

2021-04-20 18:06:00

当会では、一時支援金の事前確認を「無料」「地域問わず」「会員・非会員問わず」行っています。

 

ただし、個人事業主の方のみを対象としており、当会の会員ではない方は当会の事務局へお越しいただき事前確認を行います

(会員の方は電話で事前確認ができます)

 

下記のページにて詳細をご確認の上、ご予約ください。

https://kamakura-aoiro.com/info/3848679

2021-04-01 16:25:00

一時支援金とは、2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様の事業の継続を支援するために給付されるものです。

 

一時支援金の制度や申請方法については下記をご覧ください。

 

「一時支援金事務局HP」
https://ichijishienkin.go.jp/

 

「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について」
https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/summary.pdf?0322

 

 

一時支援金は、申請を行う前に登録確認機関で事前確認を受ける必要があります。
会は登録確認機関として予約制(30分)にて事前確認を無料で行います。
※鎌倉市以外の地域の方も対応しております。

 

 

【事前確認の対象者】

当会での事前確認の対象者は次の①および②の方となります。
※「法人」や「時短営業協力金の支給対象(受給の有無に関わらず)の飲食店」は対象外です。

 

①当会の会員である個人事業主

 

当会の会員でない個人の方

 

 

【事前確認の実施期間】

原則:5月31日(月)まで

申請に必要な書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない合理的な理由がある方については、5月31日までに、「申請IDの発行」及び一時支援金申請マイページ上からの「書類の提出期限延長の申込」の両方を行っていただければ、当会では6月10日(木)まで延長して事前確認を行います

 

 

【事前確認の際に必要なもの】

(1)申請ID  

事前確認の前に下記の一時支援金事務局HPから取得してください
https://registration.ichijishienkin.go.jp/register-user/entry

 

(2)宣誓・同意書   

事前確認の前に下記の一時支援金事務局HPから印刷して内容をご確認ください
https://ichijishienkin.go.jp/assets/files/sensei_doui.pdf

 

(3)本人確認書類や確定申告書の控え  
当会の会員でない個人の方のみ必要です。 

下記のページの書類をご用意ください
https://ichijishienkin.go.jp/prior_confirmation/required.html

 

ご不明な場合は、一時支援金事務局へお問合せください。
 ☎0120-211-240  
 (8:30~19:00 土日、祝日含む全日対応)

 

 

【事前確認の予約】 

ご予約は下記のページから行ってください
※お一人1つの予約枠(30分制)のみご予約ください。
https://airrsv.net/ichijijizenn/calendar

 

(注) 6/1以降に事前確認を受けることをご希望の場合は、5月31日までに「申請IDの発行」及び一時支援金申請マイページ上からの「書類の提出期限延長の申込」の両方を行う必要があります。

 

 

【事前確認の方法】

当会の会員である個人事業主

 お電話にて行います。申請者ご本人が電話にお出になってください
当会よりご入力された電話番号宛にお電話いたします。

(2回お電話してもお出にならない場合はキャンセルとなります)

 

当会の会員でない個人の方

 対面にて行います。申請者ご本人がご来所ください。
 ※場所:当会事務局
 (鎌倉市由比ガ浜1-3-6

 

 

【ご注意】

①ご自身が給付対象者に該当するかの判断は当会では行いません。

 

②事前確認の完了をもって給付対象を保証するものではありません。

 

当会では申請の代行やサポートは行えません申請はご自身で電子申請を行うことが基本ですが、困難な方は下記の一時支援金事務局HPからご予約の上、申請サポート会場にて申請してください。
https://reservation.ichijishienkin.go.jp/area-search-country

 

④申請時に「一時支援金に係る取引先情報一覧」の添付不足により、一時支援金の給付が認められなかったケースがありました。下記よりダウンロードできますので必要な方は利用ください。
https://ichijishienkin.go.jp/assets/files/torihiki_kojin.pdf

2021-04-01 15:50:00

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の要請に応じて夜間営業時間の短縮(以下、「時短営業」といいます。)にご協力いただいた事業者の皆様に対し、協力金を交付します。

 

第7弾では、「マスク飲食」を推奨していることが交付要件となりますので、ご注意ください。

 

【対象期間】
令和3年3月8日(月曜)から令和3年3月31日(水曜)まで


【対象店舗】
営業の形態や名称にかかわらず、通常20時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業し、食品衛生法に基づく飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けた店舗

【交付額】
1店舗あたり最大124万円

※緊急事態宣言解除後に要請対象とならない店舗は、1店舗あたり最大84万円

緊急事態宣言中

令和3年3月8日(月曜)から令和3年3月21日(日曜)までの時短営業
時短営業した日数×6万円を交付します。

緊急事態宣言解除後

 

令和3年3月22日(月曜)から令和3年3月31日(水曜)までの時短営業
時短営業した日数×4万円を交付します。

 

【問い合わせ先(神奈川県)】
(受付時間)月曜から金曜(祝日は除く) 9時から17時

045-330-4892

 

詳細は下記の神奈川県のWEBサイトをご覧ください。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/coronavirus/kyoryokukin_7th.html

2021-03-23 17:22:00

来月の4月1日より、値札などの価格表示を消費税込みの価格(総額表示)とすることが義務化されます。

 
総額表示の義務は、不特定かつ多数の者に、あらかじめ販売する商品等の価格を表示する場合に必要なので、請求書や領収書における価格の表示は対象外となります。

 

また、同じ商品でも消費税率の違い(店内飲食は10%、テイクアウトは8%)により、2つの価格がある場合は
『2つの税込み価格を表示する』
『どちらか1つの税込み価格を表示し「店内飲食(テイクアウト)は、税率が異なるため、別価格となります」と表示する』
といった対応が必要となります。

なお、総額表示していなくても罰則はありません。

詳細は《事業者が消費者に対して価格を表示する場合の価格表示に関する消費税法の考え方》をご覧ください。
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/210107guideline_sougaku.pdf

無題.jpg

無題2.jpg

2021-03-17 15:47:00

緊急事態宣言の影響により、売上が50%以上減少した個人事業者等に給付される「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金(個人事業主は最大30万円)」について、申請前に登録確認機関にて事前確認を受けなければなりません。

 

現在、当会は登録確認機関になっておりませんが、青色申告会が「認定経営革新等支援機関に準ずる機関」として登録確認機関への応募が可能となりましたので、当会においても登録確認機関へ応募いたします。

 

当会が登録確認機関として正式に登録されれば
当会の会員様につきましては、電話のみで事前確認(無料)を行うことができます

 

なお、登録確認機関としての正式登録にはしばらく時間がかかるようです。
支援金の受領をお急ぎの方は、下記より登録確認機関を検索し、事前確認をお受けください。

【登録確認機関の検索】
https://reservation.ichijishienkin.go.jp/third-organ-search/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...